スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    今年もやってきた

    地元小学校の二年生生徒たちが今年も職場インタビューにやってきました。

    去年とおなじく自分たちの住む町の商店がどんな仕事していて、それが自分達とどう関わっているのかを知るのが目的です。

    質問内容は、お店にある本の数や一番高い本の価格、本屋業の苦労、働いていて嬉しいことなど様々。

    スペシャルのオススメ本は何ですか?
    には、安野光雅の『もりのえほん』、『1ねん1くみの1にち』を紹介。
    『もりのえほん』では収集つかなくなりそうなくらい食い入ってくれるし
    『1ねん1くみの1にち』では普段見ることが出来ない夜の教室や、理科室に「こわい~」って本気で怖がったり
    とにかく純粋で旺盛な好奇心満ち満ちた目がキラキラと輝いていて本当に嬉しかった。

    変わった本の紹介は
    ちょうどマイブリッジの糸のフリップブック(パラパラまんが)があったので
    左右開いた方向で違う絵が出る特殊な綴じ方を、付き添いの親御さんにも楽しんでもらえました。

    あわてて準備したので不安もあったけど
    ふたを開けるとこどもたちの素直さ、なんでなんで!のエネルギーにこちらが元気ををもらって
    そのあとも気持ちよく仕事が出来ました。

    来年も、是非是非是非是非来て欲しいです。
    もうむちゃくちゃ楽しいんだから。

    Comment

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する

    Track Back

    リンク
    記事
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。