スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    休暇中ですが、きょうのあれこれ

    今朝から庭木の剪定をしていたらあっと言う間に3時間も経っていて、行きたかったところに行く時間がなくなってしまいそんな気持ちを日記に書いています。

    ひとつめは
    今日から、大阪のgallery books coffee ”iTohen”さんで、ミロコマチコさんの画文集「ホロホロチョウのよる」(港の人)の出版記念展がはじまります。トークイベントもあるようで、行ってみたいなぁと思うのです。
    新刊「ホロホロチョウのよる」はそろそろ当店にも届くころ。これから店を覗きいくのですが楽しみです。

    ふたつめは
    京都発の個人文芸誌「apied」アピエの取扱のお話をいただいたので、営業されているカフェに行って直接お会いしたいと、京都大原に思いをはせ、やはり時間がたりなさそうなので次回に延期となりました。
    この文芸誌「apied」が本当に素敵なんです。本の作りも、内容にもうっとり。色っぽくて贅沢な時間を楽しめます。それでいてけして敷居は高くありません。是非みなさんにも読んでいただきたいです。もうしばらくです。

    そんなこんなで今から店にむかいます。

    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

    庭木の剪定をしていて思ったこと①


    木は切られていたくないのか

    痛くないって、誰がきめたの

    髪の毛を切っても痛くないから?

    木は切られたら慌てて伸びるんじゃない?

    木だってやっぱり気がついてる

    わあ、たいへんだーって

    うん

    生きているものに手を加えるって、たいへんなことだ

    よく考えて、少なくともお願いしてから・・・駄目か

    やっぱりわからないや


    ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
    庭木の剪定をしていて思ったこと②


    ちょこっと枝をきっただけで

     急にかわいくなっちゃったりして

    ちょこっとすいただけで

     しゅっとスタイリッシュになったりして


    一本切っては足場から降りて遠くから眺めます

    切って 眺めて

    切って 眺めて

    バランスをかんがえながら

    少しのことで見違えるように変身する木々に

    すっかり夢中

    炎天下なんてへっちゃらです

    Comment

    hirotan
    あのね。はじめて今日、恵文社一条店に行きましたー。
    楽しかったー。疲れたー。何時間いたんだろ(笑

    私もタイムアップ…でいそいで帰るとき、車中からガケ書房を見つけました。
    待ってろよ。京都!

    時間というのは、欲しいときほどないものっぽいですね。
    2011-09-15 #- URL Edit
     
    恵文社さんは生活館もギャラリーもあるのでhirotanさんにピッタリですね。
    ガケ書房さんは、本、一冊一冊が主役としてとても大切にされているのがひしひしと感じられて
    嬉しくなります。何時間でもいれますね。数時間いた時は気持ち悪い客だったと思います。
    波長の合う本を死ぬ気で探してしまうんです。
    京都には他にも魅力的な本屋さんがたくさん。(僕は京都のバスが難しいので)全部歩いてまわります。
    時間がたっぷりあったら是非はしごして下さい。
    2011-09-16 #- URL Edit

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する

    Track Back

    リンク
    記事
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。