スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    日曜日記 特盛り!

    読書とか本とか

    駅前店「旅の特集」で並べている「サザエさんの旅あるき」を購入。
    この本、サザエさんは出てこなくて作家の長谷川町子が自らの旅を綴ったマンガエッセイ。
    これが隅から隅までとにかくすごい。長谷川町子は本当にいいですね。
    しみじみとほっこりと味わい深いなぁ。でもやっぱり”すごい”のであちこち刺激されます。
    すごい ばっかりで伝わんないでしょう。読んでください。
    楽しいですよ。
    島本店では旅の常設棚にあります。

    次号の新聞で紹介予定のジョン・バーニンガムの絵本もいろいろ。
    特有のすっとぼけた絵がたまらなくかわいい。ので、もうすこし増やしていきます。


    近くに住んでおられるIさんが小説をお書きになっているのを知り
    思い切って連絡をしてみところ、ご来店いただき文藝同人誌(ignea)を分けてくださいました。
    そんなでね、いま読書生活がほくほくしてるのです。ほっほっ。
    お会いしたときの話で、
    ベストセラーや話題書のような、その時多くの方に読まれている本はあまり読まないですね。
    という話になり、僕は(も)天邪鬼なんで旬の本は読んでいません。と答えました。
    後になって考えたら 僕の場合は
    何を選択しているか、それが固有の選択かにアイデンティティを感じているんだろうな。と思いました。
    こういった偏屈は、歳を重ねたらいくらか治るのでしょうか。
    時を同じくして地元でお仕事の傍ら文筆されているNさんからこれまた文芸同人誌(八月の群れ)の最新号をいただきました。
    ゲラで読ませていただいていたNさんの再読を含め、これにて大漁です。じっくりと読もう。


    溜め息とともにOさんご来店。
    京都のガケ書房さんや善行堂さんをまわってきて
    つれてかえってきた本たちを見せてもらう。
    それがもうめちゃくちゃいい本でどーんと魂をうばわれる。
    先日見せてもらった作品社の「花の名随筆」もすごくよくて、
    ほんとうに嬉しいお裾分けに感謝しきり。
    当店のお客さんでも喜んでもらえる方がいるなら
    紹介させてもらいたい本がいっぱいです。(検討中)
    はぁ、とけて溜め息になってしまいそうだった。




    震災 これから

    非日常と思えるほどの出来事も、いまでは日常の一部です。
    心が、少しずつその振幅をなだらかにして
    これからの世界、これからの日常を
    みんなが考え形作ってゆく。
    そのとき笑顔があれえばいいなと思います。

    Comment

    hirotan
    おひさしぶりです。
    ため息でとけそう・・・とは穏やかでない(笑
    本でよかった。

    春だから、本もいっぱい読みたい。
    前シーズンもこんなこと言ってたかも。

    いちど、大山崎の10日市にいってみたいので、あわせて伺いたいです。計画しまーす。
    それまで、わたしをウナラセル本。いっぱいピックアップよろしくです。
    (なんでも呻っちゃうかもね)
    2011-04-10 #- URL Edit
    長谷川
    嬉しいなぁ。計画してください。
    あいかわらず自分の興奮する本しかわからないので
    自分の嬉しい本を集めておきます。(今日の日記で名前を挙げていない本も)
    僕も計画しときますよ。(hirotanさんにいい本教えてもらおう計画)
    ブログまき戻って拝見して、笑ったり、共感したり、泣いたりしました。
    ありがとうございます。
    2011-04-11 #- URL Edit

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する

    Track Back

    リンク
    記事
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。