スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    深層への扉

    再入荷した植田正治の世界に釘付けになっています。
    心が吸い寄せられて目が放せない。
    見ているという感覚ではなくて、記憶や時間に包まれるようです。

    一昨年末見にいった、
    minchiさんが参加していたBodaiju Festaは、50組のアーティスト各々がホテルの一室をギャラリーと化すイベントで、そのなかに不思議の国のアリスの装画でみなさんご存知の金子国義さんの部屋があり
    そこで見た、人物画の匂い発つような野性味、生命感。あれももう絵じゃなかった。

    本能を揺さぶり魂をむき出しにしてしまう作品たち。
    島本店にある著書、ぶらっと立ち読みしてみてください。

    Comment

    コメントの投稿






    管理者にだけ表示を許可する

    Track Back

    リンク
    記事
    カテゴリ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。